■  トップページ



  お見合いとは、結婚することを前提に、相手を紹介してもら
  うことを言います。普段の生活の中で、異性と出会う機会が
  少ない人にとっては、お見合いは、出会いのチャンスです。
  異性との交際が苦手な人も、お見合いは、ひとつの出会い
  の機会を作る有効な手段と言えるでしょう。

  お見合いをするには、写真と、家族構成や学歴、職歴、趣味
  など、簡単なプロフィールが書かれた身上書を添えて、紹介
  者 (仲介者) に渡して、お見合いの世話をお願いするのが一
  般的です。

  一昔前の時代に比べて、近年はお見合い結婚が少なくなった
  とも言われていますが、時代も変わり、一昔前の古きよき時
  代の「向こう三軒両隣」的な近所づきあいが希薄になったの
  も、お見合い結婚が減少した要因と考えられています。
  それとともに、恋愛結婚する男女が増加する傾向にあります。

  一昔前は、お見合いは「縁談」と呼ばれていました。縁談は、
  嫁取り・嫁入り、または婿養子の縁を結ぶための相談のこと
  で、基本的にはお見合いと同じですが、縁談が来たら、引き
  受けるのが当然という風潮があり、親が縁談を持ってきたら、
  結婚するのが当然とされていました。交際期間はほとんどな
  く、結婚式当日に顔を合わせることも珍しくなかったのです。

  近年のお見合いでは、一昔前のような堅苦しい雰囲気はなく、
  お見合いも出会いのチャンスと考えられています。まず会っ
  てみて、フィーリングの合う人と結婚を前提としたおつきあ
  いをして、交際期間も自由になりました。

■ スポンサードリンク



  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな方法があるの?
  ★ 身上書を用意しよう
  ★ 段取り編
  ★ 結婚するのに大切なこと

■ 結婚関連最新ニュース