■  助っ人・仲人とは



  お見合いをする上でなくてはならない存在、それが仲人、
  仲介人、つまりお見合いのお世話を全面的にしてくれる
  人です。仲人には、いろいろな意味合いがあります。
  結婚式・披露宴で、新郎新婦の両隣に座る夫婦のことを
  仲人という場合もありますが、最近では、お見合いから
  結婚に至るまでお世話をする人、ではなく、新郎の会社
  の上司がその日だけの仲人として、頼まれるという場合
  が多いようです。頼まれ仲人、座り仲人とも呼びます。

  古来より仲人は、「月下氷人」と呼ばれていました。
  月下氷人とは、縁結びの神である月下老と氷上人を組み
  合わせた言葉です。仲人の存在そのものが、縁結びの神
  であり、仲人は親も同然とされていました。しかし、
  近年は結婚式や披露宴の席で、仲人を立てないという
  傾向にあります。

  一般的には、仲人は、お見合いの相手を探して紹介する
  人とされています。仲人にお見合いを依頼するには、
  最初に自分の意思を電話か手紙などで伝えます。
  仲人にお見合いのお世話をお願い出来るなら、身上書と
  お見合い写真を持参して、仲人に会って、手みやげを
  持って依頼します。

  仲人にお見合いを依頼するのに、大切なことは、自分の
  結婚に対する考えや相手に希望する条件をしっかりと伝
  えて、理解してもらうことです。また、中には、年頃の
  息子・娘がなかなか結婚する気がないのをあせっている
  親も多いとは思いますが、必ずお見合いする本人の意向
  を確認の上で、お見合いを依頼することが大切です。

■ スポンサードリンク



  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな方法があるの?
  ★ 身上書を用意しよう
  ★ 段取り編
  ★ 結婚するのに大切なこと