■  段取り編



  お見合いをする日時や場所を決める段取りは、お見合いをする
  当人が決めるのではなく、仲介人と双方の両親と相談して、
  決められることが多いようですが、希望があれば、事前に仲介
  人に伝えてもらってもいいでしょう。

  仲介人は、双方のスケジュールを確認した上で、お見合いの日
  取りや時間を調整して、ホテルのラウンジや料亭、喫茶店など
  の場所でお見合いするように、段取りをします。

  最近のお見合いでは、あまりかしこまった雰囲気にならないよ
  うに、双方の両親が付き添うことは少なくなりました。しかし、
  初めて会う相手なので、どんな人柄か見ておきたいという人も
  います。本人同士が特に抵抗がなければ、お見合いの日には、
  付き添いをしてもかまいません。

  仲介人が簡単に双方の紹介をして「あとは若い2人で」と言って、
  手短にお茶を飲む程度で、お見合い当日の仲介人の役目はそこ
  まで、というのが普通です。

  2人になったら、趣味の話など、相手が興味をもってくれるよう
  な話題で会話をするといいでしょう。お見合いをする時間は、
  朝、晩ではなく、昼間の時間を選ぶといいでしょう。
  2人になったら、昼食を一緒にする時間もとれるし、車でドライ
  ブを楽しむこともできますね。初対面なので、軽く2〜3時間程度
  の時間ですませてもいいですが、初対面でフィーリングが合う
  カップルもいます。好きな映画を見に行くのもいいですね。

  お見合いの服装は、女性はワンピース、男性はスーツが一般的
  です。華美にならない程度に、清潔な服装を心がけるようにします。

■ スポンサードリンク



  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな方法があるの?
  ★ 身上書を用意しよう
  ★ 段取り編
  ★ 結婚するのに大切なこと