■  心構え編



  お見合いは、双方の合意があって行われるものです。
  中には、お見合いの話しをまとめるのを自慢する「お見合い
  おばさん」も存在しますが、お見合いして、実際に会って話
  をしてみても、いまひとつピンとくるものがないということ
  もあります。

  お見合い結婚は交際期間が短いものという先入観から、気が
  すすまないまま、2度、3度会うことにためらう人もいること
  でしょう。また、初対面の相手と会話するのが苦手という人
  もいます。そういう人の場合、お見合い当費は、仲介人に付
  き添ってもらうほうが無難です。仲介人は場慣れしているの
  で、間がもたず、会話がはずまないときも、スムーズに会話
  をはこび、気配り上手です。その場をなごませてくれる存在
  になります。

  お見合いをする男女は、この時点ですでに身上書と写真を見
  て確認しているので、相手のプロフィールをしっかりと把握
  しておきましょう。また、お見合いのマナーとして、待ち合
  わせした時間通りに来るのが常識です。そして、仲介人やお
  見合い相手に、礼儀正しく挨拶をすることが大切です。

  仲介人が先に席をはずすときには、「今日はありがとうござ
  いました」と一言お礼の言葉を添えておきましょう。
  たとえ、その日のお見合いの結果がどうであれ、仲介人への
  印象がよければ、仲介人は、縁があっていい人がいたら、
  「また、この人にぜひお世話をしたい」と心がけてくれるは
  ずです。さりげない気配り上手こそ、お見合いを成功させる
  秘訣です。

■ スポンサードリンク



  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな方法があるの?
  ★ 身上書を用意しよう
  ★ 段取り編
  ★ 結婚するのに大切なこと